このページは当月限りです. ブックマークはトップページをご利用ください.

とても現実的なレンズのテスト
 鉄道でお世話になっているみなさま,写真でお世話になっているみなさま,どちらの方々も写真に関心をお持ちの方がたくさんおられ,カメラやレンズのお話をすることが多々あります. その際よく『レンズの味』という言葉が出てきます. 味を個性と読み替えると普通の会話になるのですが,それほどレンズにはそれぞれ個性があるのです.
 ところでレンズをいろいろ持っていても,それらを同時に使って同じ景色を撮ることはまずありません. だから『レンズの味』は『そんな感じ』ぐらいにしか判りません. そこで仲間の機材も集めて,同じ被写体を一度に写してみようと言うことになりました. このような気分になったのは,寸法的にほとんどのレンズが装着可能であるミラーレスカメラの出現があったから同じカメラで比較しやすくなったからですが,ソニーで初めてのミラーレスカメラ,NEX5がデビューした数年前の画像をもとにしたお話しです.
 なんとなくそんな感じと思っていたレンズがやっぱりそうであったかもしれませんし,『意外!』というのがあるかもしれません. ミノルタに偏った部分がありますが,その後ミラーレスカメラのフルサイズシリーズが発売されたり,キヤノンのレンジファインダーカメラ用レンズやオリンパスも一式入手しましたので,そのうちフルサイズでもう一度やろうかと考えてます.
 テスト結果の見方は簡単,電子ビユーファインダーを使って時計の文字盤にピントを合わせ,どの駒もカメラが味付けしないようマニュアルで同一条件で露光し,jpgで記録しました. 各ページとも上の2枚はサイズは縮小しましたが色合いは撮ったままで,下2枚は等倍にしたものをトリミングし,ぴんとの確認をしやすくするために統一した明るさに調整してあります. カタログに示された数値はともかく『どのように写るのか』を比較しましたから『とても現実的なレンズのテスト』です. ではお楽しみください.

撮影並びにフォトレンタルは, Eメールもしくは
携帯電話080-5057-4804でどうぞ