このページは当月限りです. ブックマークはトップページをご利用ください


今月のご案内
the Depot Memorandum


トレインデポの住所と電話番号です

 住所 : 243-0402 神奈川県海老名市柏が谷967-1-721
 最寄駅 : 相模鉄道かしわ台駅 (東口からでも西口からでも徒歩15分)
  駅渡しご希望の節は,時間に余裕を持ってご通知ください
 携帯電話 : 080-5057-4804
 D-FAX : 020-4663-4308
 ホームページurl : www.modeltrain.tokyo
 Eメール : depot@5701-9101.com

以上の通りとなります

  • いつもありがとうございます. 新型モデルがリリースされると,問題を起さないことを祈るのはいつものことですが,うまく走れば好きな機関車として記憶に残す店主です. そんな店主が久々に感動したのは,BLIの電気機関車が5月から6月にかけてリリースしたペンシーP5a形電気機関車です. 動軸は中央3軸で,動力がない台車(先台車 or 従台車)2基が両側から動輪を挟みます. うまく走ってあたり前,本物を思わせるサウンドもあたり前ですが,注目点がひとつ,パンタグラフです. これに感動したわけです. 日本では,高価なブラス製品でも,パンタグラフはカタチがおかしかったりひ弱だったりで,ボディに負けてます. しかしこのパンタグラフはイコライザーも備え,見た目もヨシで非常に丈夫です. ホーン,擦板,その間の再現もされ,鉄道のプロも満足です. GG1がデビューするまでは客車も牽いていたようですから,P70形客車をお持ちの方々にはお勧めです.
  • 去年の今ごろでしたか,アメリカの大半のメーカー(実際は発売元です・・)が製造委託していた中国の製造工場が門を閉じたのは報告済ですが,この会社に100%生産を委託していたインターマウンテンはもちろん,多くを委託していたアトラスとバウザーのリリースで1年以上遅れているものが多数あります. 委託先の差し替えは年初に完了してますが,残った製造会社に仕事が殺到し,それが遅れの原因となってます. 誠に申し訳ありませんが,もう少しお待ちください.
  • 断捨離のお手伝いでみなさまがご不要になった品をいろいろオークションに出品しましたが,ほとんどの品は設定した期日で売れました. オークションですからは希望者が多数おられれば跳ね上がりますが,ほとんどの品が落ち着いた価格は,お売りした時の売価付近で,喜ばれています. ご指導した方々が出品された品にはオークション出品のご指導をしてますが,今週あたりからそれらの方々が出品された品がオークションサイトを賑わせ始めました. 二束三文で引き取る古物商や不燃ゴミに廻される不幸なモデルを出さないよう,是非ともご相談ください.
  • 5月に地元相鉄電車の近況をレポートしましたが,6月のサイトでそれを補完するつもりでしたが適いませんでした. なんとか今月のサイトでご案内出来ましたので,お楽しみください. 中小私鉄で10両編成を走らせたのが1980年代,大手私鉄の仲間入は1990年代,つぎは何処の大手もやったことがない,ピーク1時間に4本もの列車をJR線に送り込み,しかも渋谷や新宿の空の下を走るという大事業です. さらに2年後には,在京7社とレールが繋がると言うのですから,何処まで躍進のレールは延びるのでしょうか. ちょうど良い時期に沿線に引っ越しましたので,見守りましょう.
  • 先月容姿端麗機能満足の連結器をご紹介したのですが,反響はイマイチでした. やはり普及してるKadeeがよろしいのでしようか? 扱うとしても輸入代行しかできませんので,ご報告いたします.
  • 本日(7/31)自宅の温度計は41℃でした,熱かったですね〜. だからカレンダーと壁紙は,おもいきり暑いアフリカにしました.
  • 総合金融商社を退職し,社宅を引き払ったのが1989年の7月28日でした. 転勤族ですから各地を巡りましたが最後の職場は大阪御堂筋の本町でした. その後定期券を持ち,決まった場所に行くことは,今日までたった3日だけです. その3日間を語ると長くなりますので,別の機会にしましょう. そしてアメリカを舞台にしたビジネスに入ります. アメリカを相手に仕事をするのだから飾らないアメリカ人に接しようと,レンタカーで2か月25000キロの旅に出かけました. これも長くなりますから別の機会に.
    早いものでこのリセットから30年,自分も世の中も電車もずいぶん変わりました. これからも変わらずアメリカ相手にビジネスしますので,模型,写真ともよろしくお願いいたします.

トレインデポ 牛島


お問い合わせ,ご注文は,
Eメール depot@5701-9101.com もしくは
携帯電話080-5057-4804, D-FAX 020-4663-4308
宛にお願いします
トップページへ +++++ index page