このページは当月限りです. ブックマークはトップページをご利用ください


今月のご案内
the Depot Memorandum


2016年11月9日からの,トレインデポの住所と電話番号です

 住所 : 243-0402 神奈川県海老名市柏が谷967-1-721
 最寄駅 : 相模鉄道かしわ台駅 (東口からでも西口からでも徒歩15分)
  駅渡しご希望の節は,時間に余裕を持ってご通知ください
 携帯電話 : 080-5057-4804
 D-FAX : 020-4663-4308
 ホームページurl : www.modeltrain.tokyo
 Eメール : depot@5701-9101.com

以上の通りとなります

  • いつもありがとうございます. 3月はカメラショーに始まり京王電車のクロスシート列車で閉じましたが,モテルの方は新機軸搭載車が皆無で,平穏に過ぎました.
  • 問い合わせが多いと予測しつつお納めしたDCCコントローラーですが,ほとんどが代替需要だったからか,心配は無用でした. しかしDCCユーザーの半分程度が車番の設定ができた段階で満足しておられるというのが私の予想で,動力車の健康管理で一番大切なリセットその他,少し踏み込んだ部分のご案内をHP上に用意しようと考えてます.
  • 一方これまでDC(直流)でお楽しみいただいていた方々は,レールと車輪の清掃状態が行き届いていないために誤動作や走行不良を起しているケースが散見されます. DCCの場合は瞬間的な停電でも調子を崩してしまうのです.
  • 3月には2件運転会にお邪魔(納品を兼ねて)しましたが,最近脱線事故で連結器関連の破損が日常的になってます. まずインターマウンテンのホッパは,カップラーポケットの取り付け部分が弱く,想定外の力が加わると簡単に外れてしまいます. しかし外れるのは良い方で,接着剤などでがガッチリ固定していると,デッキもろとも外れてしまうこともあります. また走行中の編成分離を嫌い,Kadeeの上下にずれても外れにくいカップラーがありますが,これは脱線しても外れず,カップラーポケットやその周辺も壊してしまいます. 何れもレールをきちんと敷き,カップラーの高さ管理をしっかりしていれば防げることですから,しっかり整備するのが先決です.
  • 3月のサイトではアーティクル(読み物)まで手が回りませんでしたが,4月はたまりまくった入荷モデルのご案内と,近くて遠かった京王電車でうけたカルチャショックの2本を仕立てました. とくに京王電車はいそいで滑り込ませたので,誤字当て字が多いかもしれません.
  • 4月と5月は北の方から『クラス会』の声がかかっており,各停列車で行きたいけど時間をつくれるかな〜,と思案中です. もともと時間は限られている上『忙しい』と呟いているだけでも消えて行くのですから,作る気がなければ出来るわけがありません. 還暦を過ぎて故郷に戻る仲間が多いからでしょうか,北から,関西から,その他仲間のクラス会が増えてきました.
  • そんなわけで出かける機会も多くなりそうなので,連絡がつかなければメールを入れておいてください.
  • では今月も,よろしくお願いいたします.

トレインデポ 牛島


お問い合わせ,ご注文は,
Eメール depot@5701-9101.com もしくは
携帯電話080-5057-4804, D-FAX 020-4663-4308
宛にお願いします
トップページへ +++++ index page