このページは当月限りです. ブックマークはトップページをご利用ください


今月のご案内
the Depot Memorandum


2016年11月9日からの,トレインデポの住所と電話番号です

 住所 : 243-0402 神奈川県海老名市柏が谷967-1-721
 最寄駅 : 相模鉄道かしわ台駅 (東口からでも西口からでも徒歩15分)
  駅渡しご希望の節は,時間に余裕を持ってご通知ください
 携帯電話 : 080-5057-4804
 D-FAX : 020-4663-4308
 ホームページurl : www.modeltrain.tokyo
 Eメール : depot@5701-9101.com

以上の通りとなります

  • いつもありがとうございます. 秋に複数メーカーからリリースされたGEの似かよった顔をした機関車が暮の雑誌(RMモデルズ)の新車コーナーを飾り,日頃最近の車両に気をとめてなかった方々は,外観そのままに進化しつづけていたアメリカの機関車に驚かれたようです. 本来なら販売側も丁寧な説明をしなければいけないのですが,店主自身理解が足りていません. 『酷似外観のロコ』で片づけたあと始末をしてくださったRMモデルズのライターさんに,感謝するところです.
  • ところで今回登場したインターマウンテンのET44は,従来販売されていたES44より大幅にディテールアップしたと話題のクルマで褒めたたえましたが,そのお話しは取り消します. 理由は簡単,メーカーでさえパーツを壊さずにシェルを外すことが出来ないからです. これでは取扱説明書で必要なメンテナンスとされている注油は実質破壊せずに出来ないことで,一種の欠陥品という見解です. もちろんフィードバックしました.
  • もうひとつ,上級と普及の両シリーズを同時リリースしたスケールトレインズですが,普及シリーズはお値段以下かもしれません. 別売のディテールパーツを販売してますが,これを購入したり装着するのが面倒,装着するひとの時給計算をしたら,割に合わないだろうと言うことです. 装着しなければいいのでは,という見方もできますが,パーツを付けることを前提とした穴だらけの顔は,私でさえイヤです. 機関車も人形も,顔が命です. メーカーもそれに気づいたのでしょうか,最近アナウンスのGEのC39-8には廉価シリーズがありません.
  • DCCパックについてはこれまでの不具合の謎が解けたなど,たくさんの反響がありました. 安定性,各メーカーDCC動力車との相性の良さ,判りやすい取り扱いといった面で優れているMRC製品を推薦しましたがたくさんのご希望をいただき,今後DCCの説明に割く時間がかなり減る見通しがたちました. もともとDCCパックは機関車ほど売れるものではありませんが,1か月の間に1から2年分も注文をいただき,おかげで1/31以降もしばらくの間この価格で販売できるものと予測してます.
  • 時々街歩きの日記で話題にするカメラショーcp+(シーピープラス)は,3/1から3/4です. 忘れないうちにお知らせしておきましょう. ここでは新製品の発表があるほか,日頃お目にかかれない商品の展示もあり,手に触れることも出来ます. カメラや写真に興味がある方は,立ち寄ると何か収穫があると思います. サイトから事前登録すると無料ですが,現地でキップを買うとなると定食2回分ほど出費することとなります. 多分3/1か3/2に行きますが,もし落ち合えれば,チャイナタウンでランチかディナーを楽しみましょう.
  • 東急電車の豆本は,シリーズ16の譲渡車両にかかっていたのですが,最終仕上げ中に大垣の養老鉄道にあらたなお輿入れの話が舞い込み,ストップしてしまいました. 現地デビューは何時なのか,許可その他のお伺いに出かけることにしました. 併せて長年の願いである京都の北山杉を見に行きたいと思ってます. 富山〜敦賀〜琵琶湖〜京都〜東海道方面の方は,道中車両のメンテナンスを引き受けますので,ご希望は早めにお知らせください. メンテナンス並びにご指導の範囲は,DCCの初期化等で改善が見込まれる内容でお願いします. またMRCの3.5アンペアDCCパックを持参しますので,触れてみたい方はお知らせください(2メートルほどのレールを玄関に敷いておいてください). 多数ご希望の場合はいつも通り,近隣地域のファミレスなどにお集まりいただくかもしれませんし,スケジュール上夜間になるかも知れません.
  • 今月もよろしくお願いいたします.

トレインデポ 牛島


お問い合わせ,ご注文は,
Eメール depot@5701-9101.com もしくは
携帯電話080-5057-4804, D-FAX 020-4663-4308
宛にお願いします
トップページへ +++++ index page