このページは当月限りです. ブックマークはトップページをご利用ください


今月のご案内
the Depot Memorandum


トレインデポの住所と電話番号です

 住所 : 243-0402 神奈川県海老名市柏が谷967-1-721
 最寄駅 : 相模鉄道かしわ台駅 (東口からでも西口からでも徒歩15分)
  駅渡しご希望の節は,時間に余裕を持ってご通知ください
 携帯電話 : 080-5057-4804
 D-FAX : 020-4663-4308
 ホームページurl : www.modeltrain.tokyo
 Eメール : depot@5701-9101.com

以上の通りとなります

  • 毎月ありがとうございます. 今年の第3四半期は高額商品が沢山リリースされましたが,不具合が少なくて助かりました. とくに色違いではない新規の蒸気機関車は試運転が終わるまで安心できませんが,心配していたC&Oのグリンブライヤーはクレームゼロでホッとしました.
  • 毎年11/23からの年末商戦前の11月10日頃の週末に,ミルウオーキーで模型ショーが開催されます. 開催は週末2日間で,これまでは前日の午後販売店を集めた商談会を開催し,ビジネスの話し合いの場がもたれたのですが,近年インターネットやEメールが普及したことにより出向かなくても事足りるようになり,2013年以来5年ぶりの参加となりました. しかし顔を出した販売店はほんの数店と,多くの店が私と同じ考えだったようです.
    5年という歳月は長かったようでこの間担当窓口が交代し,顔を知らない相手も半分ほどになったためでしょうか,言うことを聞いてくれないケースも散見されるようになりました. そういった担当ともフェイス・トゥ・フェイスで話をし,完璧な姿で納品する必要がある日本の事情を話し,出向いた甲斐はあったようです.
  • 今回のショーでは新規モデルのアナウンスが少なく,夏に廃業した中国の生産工場の影響が,製品計画の気力に現れているようです. またこれまでのハイディテール・高価格路線は終幕を迎えたのでしょうか,ハイディテールの追求に特化しているブランドであるスケールトレインズとラピードトレインズを除き,廉価モデルの展示が目立ちました. お財布を軽く開くことができる範囲での趣味活動ができることは,いろいろな意味に於て健康的だと思います.
  • 近年若い世代はゲームなどで時間を過ごすことが多く,鉄道模型業界ではこれに危機感を持っているようです. そのためトレインフェスタでもいわゆる鉄道模型ではなく,オモチャの電車や汽車で楽しむ場所が以前に比べ目立ちました. とくに80余年の歴史を誇るレゴは時代を越えた人気で,いつの世にも子供にはもちろん大人も熱中させています. これと動く鉄道が組み合わさた展示がいくつかあり,会場でもっとも人を集めてました. 多くの人が鉄道で遊び,将来いくらかの方々が加わってくれれば,嬉しいことです.
  • 今月の読み物はトレインフェスタですが言いたい放題記述しましたので,インサイダーコンテンツとさせていただきました. 誠にお手数ですが,パスワードを請求ください.
  • 当店の10月のサイトでは,現地在庫品のご案内に写真やイラストを可能な限り添えてみました. その結果,ブランドによっては売り上げが大きく伸びました. 文字情報だけでは不足することは判ってますが,11月は時間がとれずに果たせず,申し訳ありませんでした. 12月はどうなるか判りませんが,できる限り写真やイラストを掲載するよう努めます.
  • やはり10月から当店サイトでは,期間限定のセールをする問屋のホリゾン以外の現地在庫品について,お申し込み期間を原則月末までとしています. しかしこの間特売になるもの,特売から通常価格に戻るものなどございますので,お申し込み時点で価格が変わっているものについては通知し,お求めの意思の確認をしたします. また受け付けの確認メールは,原則商品の確保ができた段階でいたしますので,よろしくお願いいたします.
  • 毎年家で過ごす時間が多くなる秋は新規にお取り引きをはじめられるお客様が多く,今年も当店のサイトについての説明に追われます. まず直近の質問を例に説明いたしましょう.
    • (質問) 月の頭で更新とのことですが、『製品案内(前月までにご案内のもの)』の中からも、注文させていただいても良いのでしょうか。それとも、『現地在庫』の中からのみなのでしょうか。
      月初の更新は,このページ(今月のご案内),トップページからアクセスできる『追加した情報』,それにカレンダーと壁紙だけで,その他は前月のご案内を引き続き掲載したり,用済みとなったコンテンツを削除したりします. ひと通りご覧になった後は,『追加した情報』だけ確認していれば,買いそびれたり注文を忘れることはありません. また前月『追加した情報』でご案内した品は,『製品案内(前月までにご案内のもの)』に移動して掲載を続けます.
      『製品案内(前月までにご案内のもの)』は,発売元の受付期間を過ぎているものがほとんどです. 発売元では受付期間内に受けた注文は準備しますが,それを過ぎると生産委託先と準備にかかりますので,受け付けても納品できないことがあります. このカテゴリーの商品は,価格を現地通貨(原則アメリカ$)でご案内しています.
      『現地在庫』は,発売元もしくは問屋が,ご案内の時点で在庫しているもので,『追加した情報』のみでご案内します. これらは当店売価(税込の日本円)で価格のご案内をしており,原則として同じページに記載している期日までのお申し込みに対して有効な価格を表記してます. なおご納品の価格は,お申し込み時点で決定し,その額には消費税も含まれてますが,ご案内している期間に特売になるものや特売から外れるものもあり,受付価格が異る際は電話やEメールにて,購入のお気持ちを確認いたします.
    • (質問) 『前月まで〜』のリストの中にも『発売済(リリースされたばかりの〜等)』と『新製品(ご予約受付中、確実な確保の為には〜等)』がありますが、数年前の日付でも新製品のままのものは、まだ発売されていないということなのでしょうか。
      発売元から発売された旨通知があれば『製品案内(前月までにご案内済のもの)』のページの『新製品』表記を『発売済』にあらためるとともに,『追加した情報』ページで発売されたことをご案内してます. すべての発売済製品について対処できればベストですが,通知しないメーカーや製品計画自体消滅した品もあるほか私の怠慢もありますので,そういった品々の表記は『新製品』のままです.
      ちなみに多くのメーカーは,製品発売の1年ほど前にアナウンスします. そして中には注文があつまるまで生産にかからない会社もありますので,長いものでは発売まで2年以上かかるものもあり,私が知る限り長いものでは数年というものもありました. ですから早期の入手を期待されるのであれば,『現地在庫』,『特売』や『本気で特売』などからご希望の鉄道名や機種名を検索してご希望の品を探されることをお勧めします. なお『本気で特売』は混乱を防止するため,インサイダーコンテンツとしてます. お手数ですが,パスワードを請求ください.
      最後に商品検索の方法は,『追加した情報』ならびにトップページからアクセスできる機関車, 客車, 貨車等それぞれの製品インデックスページ上方の水色地部分に,『お探しの商品を見つける方法』というタイトルでご案内しています. また製品の画像をご希望の際は,ほとんどの品にてEメールを利用して対応可能です. 遠慮なく問い合わせください.
      ほかにもアメリカならではのことがございますので,判らないことはお尋ねください.
  • 今月も出かける機会が多くなるかもしれませんが,連絡がつかない折にはEメールの利用をお願いします. 1〜2日以内にお返事ができる筈です.
  • 今月もよろしくお願いいたします.

トレインデポ 牛島


お問い合わせ,ご注文は,
Eメール depot@5701-9101.com もしくは
携帯電話080-5057-4804, D-FAX 020-4663-4308
宛にお願いします
トップページへ +++++ index page