このページは当月限りです. ブックマークはトップページをご利用ください


今月のご案内
the Depot Memorandum


2016年11月9日からの,トレインデポの住所と電話番号です

 住所 : 243-0402 神奈川県海老名市柏が谷967-1-721 (2014年11月10日より)
 最寄駅 : 相模鉄道かしわ台駅 (東口からでも西口からでも徒歩15分)
  駅渡しご希望の節は,時間に余裕を持ってご通知ください
 携帯電話 : 080-5057-4804 (2016年11月9日より)
 D-FAX : 020-4663-4308 (2016年11月9日より)
  従来のfaxは廃止です
 ホームページurl : www.modeltrain.tokyo (2014年11月10日より)
 Eメール : depot@5701-9101.com (2014年11月9日以前と変わらず)

以上の通りとなります

  • 11月も荷物のトラブルに悩まされました. 先に発った荷物と次の荷物が本日(11/30)まとめて到着し,デポの業務は大混乱です. ただでさえ入荷品が多いこの時期の,それも電話が集中する月末ですからさあ大変,必然的にアメ鉄ファンの期待度が低い旅日記は後廻しです. それにしても台湾,なぜ荷物が台湾を経由したか不明です. でも届いたのですから良かったとしておきましょう.
  • さらにまずいのは新製品の多さです. 新規金型の6軸ディーゼルが実に9機種,それに4軸ディーゼルが1機種で,頭がこんがらがりそうです. ニューモデルですから不具合も心配で,製品の出来によっては忙しくなりそうです. と言うことで,12月はDCCの相談等時間がかかる相談事はなるべく避けていただければ嬉しいです. 12月はカトー101と基本的に同一の102パック使用者の相談を受け付けないことにしました. 別のパックを買ってください.
  • ところで日本ではほぼ等しく売れているEMDとGEの機関車ですが,最近彼の地ではEMDの機関車が人気でGEは不人気の傾向と聞きます. 今回リリースのほとんどがGEですから日本ではなぜそれほど売れるのか尋ねられます. アメリカ人のココロを多少推測でき,且つ機関車コレクターではない私が考えるところ,1990年代初頭に登場したダッシュ9以来のGE顔は性能が違えども,外観上見分けがつかないからです. つまりほとんど同じ姿なら,セールでたたき売りされている安価な方にしようというのがアメリカ人のほとんど,対する日本のモデラーは,僅かな差異が嬉しい ・・・突き詰めるとその辺りだと思います. それが判らないのは僅かな違いが嬉しい発売元のアメリカ人. そんなことが判らなくてもビジネスが成り立つのだから,パイそのものが巨大と言うことでしょう.
  • 最近入荷が早い現地在庫品案内のご要望が多く寄せられますが,12月は主要ブランドを2回程度ご案内する予定です. あわせてセール情報もお届けしますが,セール品や現地在庫品は当店売価を日本円でご案内し,お申し込みの段階でお届けの価格が固定されます. したがって現地在庫品をお申し込み後同一の品が安価なセール品として案内することがありますが,多くの場合供給元が異りますので対応出来ません. どうかご理解をお願いします.
  • 先月の本項でも触れましたが,2014年以前にアナウンスされた新製品郡のページを,2018年1月から外す予定です. 古い製品の記録は12月中にお願いするか,集成DVDの活用をお願いします.
  • 10月の話ですが,長野電鉄で踏切事故がありました. 電車はトラックに乗り上げて大きく傾き,3両編成の電車には150人の乗客と聞くと,怪我人が多数が発生していると想像するのが普通です. しかし怪我人はゼロ,どのような状況だったのでしょう?
    踏切事故を予測した運転士はマイクを取り上げ,乗車中の電車が間を置かずして衝突することと身構えることを,車内の乗客に伝えそうです. 心の備え以外に幸運があったのは確かでしょうが,機転を効かした運転士の判断は,被害を最小限に抑えるためには効果的でした. その後電車も復帰したそうでヤレヤレです.
  • やはり前月予告した初めてレンタカーで走った時の記録,『アメリカ2か月・25,000キロのレンタカー旅』は撮影が目的ではなかったので写真が少なく,準備した上で臨みますので,しばらく時間をください.
  • 以上のようなわけで新製品のビヘイビア(行ない,すなわち不具合)により忙しくなるかも知れませんが,今月もよろしくお願いいたします.

トレインデポ 牛島


お問い合わせ,ご注文は,
Eメール depot@5701-9101.com もしくは
携帯電話080-5057-4804, D-FAX 020-4663-4308
宛にお願いします
トップページへ +++++ index page