このページは当月限りです. ブックマークはトップページをご利用ください


今月のご案内
the Depot Memorandum


トレインデポの住所と電話番号です

 住所 : 243-0402 神奈川県海老名市柏が谷967-1-721
 最寄駅 : 相模鉄道かしわ台駅 (東口からでも西口からでも徒歩15分)
  駅渡しご希望の節は,時間に余裕を持ってご通知ください
 携帯電話 : 080-5057-4804
 D-FAX : 020-4663-4308
 ホームページurl : www.modeltrain.tokyo
 Eメール : depot@5701-9101.com

以上の通りとなります

  • 9月は安定した再生産品ばかりで,新規製品は既存品の駆動系採用のウオルサーズのF7形ディーゼルのみと,最近になく業務が楽な1か月でした.
  • 年初からまとまった数量をお納めしたMRCのDCCパックは本体の故障こそ無いものの,コントローラーと本体を結ぶケーブルは外皮ビニールの材質が悪く,折り曲げると白く変色し,繰り返すと簡単に破けてしまいます. しかし外皮は破けても電線自体は断線することはなく,自分でテープでも巻いておけということでしょうか,製品不良にはあたらないと言うのがメーカーの言い分です. 当店としてもこれに従わざるを得ませんので,急角度で折り曲げないようお願いします. なおこのケーブルは,パソコンなどに広く使われているLANケーブルなので,不具合発生の際はご自身で手配をお願いいたします. LANケーブルにはいくつかの種類がございますが,スピード(カテゴリー)は問わず,『ストレート』タイプであればOKです.
  • 次はお詫びです. 9/30付で,アサーンの新製品のコンテナカーをご案内したのですが,同じ頃リリースされたコンテナカーを同じ機種と誤解し,同じ品が60ドルも安い価格で現地在庫があると案内してしまいました. するといつも製品紹介で世話になっているライターさんから,モデルのグレードもプロトタイプ車種も違うぞとのご指摘をいただきました. しかし9月のサイトは更新終了で触ることができず,注文いただいた方々に直接案内することしかでませんでした. この場でお詫び申し上げます. 模型趣味が無い模型店主の限界かもしれませんが,今後も同様のことが発生しない保証はありませんので,万一お気づきのことがございましたら,ご報告をお願いします.
  • この秋は趣味(模型ではありません・・)の集まりがいくつかあり,カメラを持って出かける機会が多かったので,新しいカメラの扱いに慣れようと,集まりへの道中カメラ持参で色々試してみました. そこで驚いたことがひとつあります. 20年来小型軽量のレフタイプ500ミリレンズを所有しているのですが,手持ち撮影で初めてしっかりピントが合った写真が撮れました. 三脚を据えればそれなりに撮れるのですが,500ミリともなると手持撮影は難しく,これまでのスナップ撮影では手ブレとピント外れでまともな写真が撮れませんでした. それがα7RM2の進化したAFと5方向の手ブレ補正のおかげで,推定時速100キロで突進してくる京急線の電車を連写しても,すべての駒でピントが捕らえられ,驚きました. 整備点検しながら1台のカメラを大切に使い続けるつき合いはフイルム時代の話で,日進月歩のデジカメは,機能が旧態化して値落ちする前に売却するのが賢い付きあい方のようです.
  • 私と同じα7使いの友人が,専用の50ミリのマクロレンズを購入しました. これを借りて使用する機会がありましたので,最近取り組んでいるデジカメを利用したフイルム画像のデジタル化に使ってみました. 像の崩れが少ない全体繰り出し式ですからAFはゆっくり目ですが,動くものを追いかける訳ではないからこれでOKです. 専用品だからでしょうか,カメラとの相性もバッチリで,等倍付近での画像はピント,コントラストとも優れたものでした. 太陽を背に受けて遠くの景色を撮る時にレンズの違いはあまり出ませんが,厳しい条件下での撮影は,レンズの適・不適が如実に現れるものです.
    このレンズには,もうひとつ驚かされたことがあります. 撮影倍率は公称値1.0ですが,実際にAFはそれ以上拡大(つまり被写体に接近)領域まで働きます. 数字では誤差の範囲なのでしょうが,このおまけの仕様により,多少ですがトリミングができます. スライドはマウントすると長辺短辺とも各辺片側1ミリほど隠れますから面積は85%ほどとなり,撮影倍率がちょうど1.0だとカメラの有効画素が15%ほどロスすることとなります. この誤差を,メーカーは知っていたのか適当に造った結果なのかは判りませんが15%のロスがなくなるので,この上なく嬉しい贈り物として捕らえてます. このレンズは定価でも6万円ほどですから,私も買うことにしました.
  • 次はスキャナーを使用してフイルムをデジタル化していた頃は諦めていた,コントラストが強い画像についてです. カラー写真は条件によりコントラストが強く,黒くつぶれたり白く飛んでしまったりすることがあります. しかし印刷屋が紙に印刷すると黒い中にも階調が現れており,印刷のプロの色創りは雲の上のことだと思ってました.
    ところで先日買ったα7RM2には100通り以上の色の設定があり,これを駆使すれば印刷屋に近いことができるのではと思い,1日かけて1枚のポジをいじってみました. すると下の画像(右側)の通り,真っ黒(真っ暗ではありません)の乗務員室の中に,人影が浮かぶではありませんか. その上新車のステンレスの白い肌のディテールが再現され,明るい部分も暗い部分も目で見たままです. いくらRAWでも,データにしてからソフト的にいじったぐらいでこのような仕上がりにはなりません. α7RM2で得たRAW画像をシルキーピックスとDxOフォトラボで処理しましたが,シルキーピックスは暗い部分を持ち上げますが白飛びは手が出ないようです. またコダックのフイルムは階調が出るが,黒つぶれする富士カラーは打つ手無しと印刷屋のオヤジさんが言ってましたが,今回研究してそのことがようやく理解できました. そんなことならフイルムはコダックを選んだのに・・・ これをあとの祭りと言います. ちなみに電車の写真は,コダックのエクタクローム-EPPです. フイルムのデジタル化については,1月に基礎的なことを述べてますのでごらんください.
  • 今月のカレンダーと壁紙は,α7RM2と専用のマクロレンズでフイルムを複写し,DxOフォトラボで処理した写真2枚です. フイルムスキャナーよりスッキリした仕上がりです.
  • 最後に会員制のスーパーマーケットのコストコで,8月から4Kの55インチのテレビを54800円で販売してます. LEDでなくて液晶ですから多少電力消費は多そうですが,55インチですから電気代をとやかくを言うのはやめにしましょう. これでα7RM2で撮った4K画像を見たくてしようがありませんが,おそらく嫁さんに申し出ても却下される筈なので,今のところは黙ってます. 下の画像をクリックして拡大し,テレビの仕様を確認ください.
  • 10月から11月にかけて出かける機会が多くなる見込みですが,連絡がつかない折にはEメールの利用をお願いします. 1〜2日以内にお返事ができる筈です.
  • 今月もよろしくお願いいたします.

トレインデポ 牛島


お問い合わせ,ご注文は,
Eメール depot@5701-9101.com もしくは
携帯電話080-5057-4804, D-FAX 020-4663-4308
宛にお願いします
トップページへ +++++ index page