このページは当月限りです. ブックマークはトップページをご利用ください


今月のご案内
the Depot Memorandum


トレインデポの住所と電話番号です

 住所 : 243-0402 神奈川県海老名市柏が谷967-1-721
 最寄駅 : 相模鉄道かしわ台駅 (東口からでも西口からでも徒歩15分)
  駅渡しご希望の節は,時間に余裕を持ってご通知ください
 携帯電話 : 080-5057-4804
 D-FAX : 020-4663-4308
 ホームページurl : www.modeltrain.tokyo
 Eメール : depot@5701-9101.com

以上の通りとなります

  • 7月はおとなしいモデル(トラブルがなく目立たない車種ということです)が多く,安心してお納めしましたが,その中でアサーンの蒸気機関車,2-8-0 CONSOLIDATION OLD TIMERのサウンド付で,F9を押すと音が止まらない事象が報告されました. 一度パワーを切って入れ直すと止まるのですが,それ以外打つ手無しのようです. アサーンに報告を入れましたが,どのような対応をしてくれるでしょう? 走行状態は非常に良いのですから,惜しい話です. 同形機をお持ちの方々は,早期にご確認ください.
  • アメリカの消費税は州をまたぐと免税になりますが,1年ほど前からインターネットオークションに限り,課税する州が増えてきました. 州ごとの料金設定するのは煩雑になるため,これまでの料率1.5倍を1.7倍(出品者評価が98%-97%は2.0倍)にあらためさせていただきます. お客さまのお手伝いということでやらされていただいておりますが,手間がかかる上にたまに損をする状態で,ご理解をお願いします.
  • 機関車でも貨車でも,実在しないカラーリングの人気がイマイチでいるのが日本市場の常ですが,グレーツートンのBLIのビッグボーイは例外で,メーカーもどうやって売ったんだい(?)と不思議がっています. 実はこのモデル,石炭積みとオイル焚きをBLIが間違え,何度も当店サイトに現れたからだと言っておきましたが,注文されたみなさま,本当のところをこっそり教えてください.
  • 今年のウオルサーズの著名客車列車は,シカゴと西海岸を結ぶサンタフェ鉄道の長距離便です. 黄金期には豪華車両で構成された速達タイプのスーパーチーフ号と犬の散歩のごとく停車する地域列車のエル・キャピタン号などが運転されてましたが,アムトラックに移行する頃には客を減らし,速達と鈍行が1本にまとめられてました. それが今回のターゲットです.
    こんな落ちぶれた時代の客車なんて誰が買うんだろう(?)と思ってましたが,3セットも売れてしまいました. 3セットなんて寂しい話ですが,仕切値段が高い920-で価格が$1460ですから,多分売れないだろうと思っていました. フィギュアも乗車させ各店割当も8セットという限定品ですから内容を考えるとお値段以上なのかも知れません.
    3両編成のこの列車の付属編成は分割してデンバーに向かいますが,貨物用機関車も使えるよう,発電機を搭載した電源車が含まれます. この車両はイラストがなく,どんなクルマ(?)とメールや電話をいただきましたが,外観はただの荷物車でつまらない姿です.
  • みなさまもウイキペディアを活用されていることと思いますが,毎年1〜2回寄付をしています. 大きなことを言ってしまいましたがたった500円です. するとウイキペディアから,寄付をしてくれるのは利用者の2%程ですと寂しいお話しが. みなさまは時々寄付をされていると信じますが,利益を得たら見返りは,ごく当たり前のことです.
  • 話題のクルマはようやく遅れが無くなりました. ここに問う自用するクルマは大概在庫がありますが,これからはタイムリーにご案内できるよう務めます.

デポの牛島


お問い合わせ,ご注文は,
Eメール depot@5701-9101.com もしくは
携帯電話080-5057-4804, D-FAX 020-4663-4308
宛にお願いします
トップページへ +++++ index page