このページは当月限りです. ブックマークはトップページをご利用ください


今月のご案内
the Depot Memorandum


トレインデポの住所と電話番号です

 住所 : 243-0402 神奈川県海老名市柏が谷967-1-721
 最寄駅 : 相模鉄道かしわ台駅 (東口からでも西口からでも徒歩15分)
  駅渡しご希望の節は,時間に余裕を持ってご通知ください
 携帯電話 : 080-5057-4804
 D-FAX : 020-4663-4308
 ホームページurl : www.modeltrain.tokyo
 Eメール : depot@5701-9101.com

以上の通りとなります

  • いつもありがとうございます. 6月はたくさんの品が届きましたが,9割がウオルサーズとアサーンの廉価シリーズだったので気持ちが楽でした. なぜならパーツの脱落や破損の心配がほとんど無いし,トラブルに見舞われることもまずないからです. このような品が良く売れるということは,お財布に優しく遊ぶのに気を使わずに済むことを歓迎するモデラーが多い証拠で,メーカーもようやくそれに気付いたのでしょう. その一方でラピードトレインズとスケールトレインズは繊細さに心血注ぐカラーが一層濃くなり,メーカー毎の特徴ができて良いことだと思います.
  • 乱暴な運営の社長で知られたMTHが,来年5月末に廃業することを宣言しました. トラブル解消に時間がかかったりしてくれなかったりで,10年ほど前から同社製品は問屋経由としていましたが,困っていたのはデポだけではなかったようです. MTHがあったからこそ日の目を見た機種もありましたが,心通うつき合いがあってこそのビジネスです.
    往年の担当とはビジネスショーなどで顔を合わせれば声をかけ合い,従業員は良い人ばかりでした. 彼らの中から良き指導者が現れれば良いとおもいます. 宣言から廃業まで間があるのは,体力があるうちに軟着陸させるのでしょう. 何れにせよこのご時世ですから,路頭に迷う人が出ないことを祈ります.
  • 電気自動車のテスラはアメリカで乗ったことがあるのですが,ついに日本でハンドルを握りました. 電気自動車はこれまで国産車を4車種試乗しましたが,テスラの,ハンドルを握り,意のまま走ることができる感覚は『はだしで歩く』感覚に匹敵し,これまでの自動車の『操縦』する感覚とは全く違います. 電車のようにフラットな床は一見すると心細いですが,シャーシーがとても堅牢なのでしょう. だからハンドルとアクセルの操作が,ダイレクトに体感できるのだと思います.
    テスラの加速性能は抜群で,起動時に最大トルクを発生する電気モーターの特性をうまく引き出してます. 100km/hまでスポーツタイプで2秒台,セダンタイプの最速モデルは3秒台と,普通に考えると乾いた路面でもタイヤが悲鳴を上げそうですが,テスラは無音のまま加速します. 抜群の駆動コントロールがあるのですね. これほどの加速性能は無用の長物と思われるでしょうが,タイヤの粘着コントロールに長けていることは凍結路や雪道での走破性が良いことを意味し,いかなる環境下に於ても生死の境に遭遇したときに差が出ると思います.
    かつてテスラは高級車でしたが,最新のタイプ3はアコードほどのサイズで,価格はスカイラインより安く,カムリにちよっとプラスするだけです. エッ(!)と思うかも知れませんが,エンジンやミッションはなく,メカニズムは車軸やタイヤが一体になったモーター,それに直付けされたインバーターだけですから高額な精密加工品はほとんど無く,安くて当然です. 床に並べられた電池は重心を下げ,吸い付くようなコーナリングをもたらします. エンジンが無いのだからオイル交換やファンベルトが切れる心配もなく,手入れを要する部品がほとんどないので車検も簡単です.
    心配だったメンテナンスは,テスラと工場のメカニックがインターネットで交信し,ほとんどの問題を解消します. 部品交換が必要となれば,契約してる自動車ディーラーにパーツを送り,地元で交換です. 知名度が高くなったらネット販売だけになるとのことですから,何から何までこれまでの自動車とは違います. 試乗するならショールームがあるうちにお出かけください.
  • 今月の壁紙とカレンダーも,ヨーロッパの景色です. 世の中が落ち着き,小さなカメラを持って気ままな旅が出来る日が戻るのをじっと待っています.

デポの牛島


お問い合わせ,ご注文は,
Eメール depot@5701-9101.com もしくは
携帯電話080-5057-4804, D-FAX 020-4663-4308
宛にお願いします
トップページへ +++++ index page