いすみ通信

2022-09-11
強度が心配

大工日記は2〜3日遅れで紹介してますが,前回強度が心配と言うところで終わりました. そこでホームセンターで鉄のアングルと帯材を調達し,取り付けることにしました. アングルを切る高速カッターは,工作好きだった伯父からいただいたものです. こんなもの使うかと思っていたのですが,あって良かったと素直に喜び,感謝しています. 工業系の学校出なので安全な扱いについては学んでますが,半世紀前の話だから初心に戻って. それでも高速カッターは怖いです. 火花が散って火事になるとはよく聞く話だし,しばらく離れずにここで昼飯となりました.

鉄だから錆びます,赤錆嫌ですね. ステンレス車ばかり弄っている友人に聞いたら,錆の対策は不知とのこと. なんでもやる友人に尋ねたら,ホームセンターに出かけようと思った矢先に洗浄剤二種類と下塗りペイントを持って駆けつけてくれました. 自分で用意したのは黒のペイントスプレーだけです. しかし塗装は難しくて,夜が明けたらムラムラになって所々下塗りのグレーが見えていました.

次は強度試験です. 他人事なら偽装も考えられますが,自分に係わることですから手を抜けません. 自動車のジャッキを持ち出して,自動車を持ち上げるのと同程度の手応えで持ち上げても,1mmも動きません. 強固なドアと極上の丁番ががんばっているのです. ならば補強なんて要らなかった(?),でもあとの祭りです.

ネジも黒く塗るかどうか考えているところです. ところでアピトン材が反ったら手に負えないと考え,扉は三分割出来るようにつくり,ネジを緩めて直せるようにしてあります. そのためすべてボルトとナットによる組み立てです.

そうそうレストラン列車,あと少しで忘れるところでした. 自宅では何度か撮ったので,隣町の大多喜町に行く途中に撮りました. 千葉は8月には稲刈りを終え,9月には新米が出回っています. コシヒカリ系のいすみ米を秘密の方法で白米にすると,高値で手を出しにくい北海道の夢ピリカと並ぶ美味さである一方,寿司にも向きます. 脱穀前のお米は美味いし安いし,お米を扱う地域の親分に聞きました.

この辺りの景色に詳しい友人に尋ね,買い物帰りに戻りの列車も撮りました. 露出の幅が狭いのは,スマホの限界ですね. 今日も走るから,思い出したら撮りに行こう.


Eメール depot@5701-9101.com
携帯電話(080-5057-4804)は, 折り返し連絡いたします

トップページへ +++++ index page