いすみ通信

2022-09-12
結局昨日は・・・

大原まで行く用事が出来たので,線路端に行きました. 右後方はわが軽トラです. 新潟では軽トラのことをケットラというそうです. いすみ鉄道の国鉄は,毎日違う看板で楽しめます. 昔は外房線のことを房総東線と言いました. また外房と書いて『がいぼう』と言ったそうです. 国鉄は房総東線を外房(そとぼう)線と改名し,列車の看板を平仮名書きして『そとぼう』を定着させたと言います. 昔は急行キハの長大編成が全国を巡りましたが,最後の1両が11月までの毎週末,ここで最後の活躍をしてます.

帰りも同じ踏切に立ち寄りました. 今日は急行キハもレストランではなく,今日は一般の乗客に開放されています. 誕生した時のままのエンジンは,昭和の国鉄を思い出させるサウンドです.

途中で抜いてしまったのか,踏み切りで待たせたのは国鉄キハでした. ほぼすべての席が埋まっているようです. ところでいすみ鉄道は木更津から内陸に向かう久留里線と結んで外房と内房を結ぶ目標がありましたが,途中に未完成区間を残したままJRに移行し,ほどなくJRから見放されていすみ鉄道が誕生しました. 兄弟路線だった片割れの久留里線はいすみ鉄道と似た環境ですが,100円稼ぐのに15000円使っていると住民を集めて説明したそうです. まるで廃止させてくださいと言っているようですね. JRには,もう少し努力して欲しいです.

工作台のために階段を昇り降りするのは面倒です. 二階にも工作台を作ってしまえと,30分で組み上げました. もちろん古材リサイクルです. 窓の外の景色が見えません,スマホは明暗幅が狭いですね. 窓の外を斜めに横切るのは,いすみ鉄道の線路です. 海老名の家も同じ角度で相鉄線が横切りますが,どちらも鉄道重視で選んだものではありません. 海老名の時は業務拡張で目黒の家が狭くなり,ほかに部屋を借りようと思ったらあまりにも高いので,銀行の奨めで100平米超のマンションということで引っ越しました. 東京の家賃はとても高いので,神奈川だと家が買えてしまうと言うことです. いすみでは多少の工作をしたいと言うことで不動産屋に相談したら,『ちょうど良い物件』と紹介されました. リフォームしているのは,もともとお米屋さんの作業場だったところです.


Eメール depot@5701-9101.com
携帯電話(080-5057-4804)は, 折り返し連絡いたします

トップページへ +++++ index page