いすみ通信

2023-01-14
電気温水器到着

このプロジェクトで一番大きなパーツとなる湯沸器が到着しました. 湯沸器だけのためにプロパンガスを設備する選択肢は最初かならありませんでしたが,省電力のエコキュウトにするか電熱式にするかは少し迷いました. 選択したのは故障の確率が低いであろう回転機を持たない電熱式の300Lです. シャワーオンリーにしては巨大すぎますが,蓄熱に頼るための選択で,メーカーはイトミックです. このブランドは病院や,小さいものではコンビニではカップ麺用でよく見かけます. 公共の場での選択は,タフであるのはもちろん,メンテナンスの心配が無い筈です. 同類の製品が多数あるときに良く使う思考方法です.
前置きはそのへんにして,4トン車で到着しました. 中身はカラッポですが,大きいから移動できるか心配です.

とりあえず軽トラに載せてもらいました. 敷地の中で移動に軽トラが登場するなど,地価が高い東京や神奈川では考えられないことです.

軽トラを玄関前に据え付け,セメント袋を降ろしたときの手法で運ぶことにしました.

古い家なので作業場の棚などにラワン材をふんだんに使っており,すべて廃材です. 解体した折にケルヒャー(2万円ほどの高圧洗浄器)で洗浄したら,新品同様になりました. 現在の市場では,かなりの額で取り引きされています.

玄関の幅の余裕は1cmほどで,なんとか室内に滑り込ませました.

木枠の底面を外し,所定の場所に据え付け,埋め込んであったボルトで固定して完了です. カラッポだから軽いですが,それでも50kgほどです. コンクリートの台座を作る時水を満たすと350kgになることが頭の貼り付いてましたので誰かを呼ばなくてはと思っていましたが,二人で何とかなりました. でもこの時,手順間違いに気付いていませんでした.

枠を外したら一部凹んでいました. メーカーに尋ねたら,断熱材で包んであるので余程の事がなければ大丈夫とのことでした. 万一の時は作業全体にかけてある保険でもカバーできるので,余計な心配をせずに作業できます. 一番上の写真が12:59でこの写真が2:29ですから,ちょうど1時間半で片づいたこととなります. デジタル画像は時刻や機種によっては場所も記録されるので,便利です.


Eメール depot@5701-9101.com
携帯電話(080-5057-4804)は, 折り返し連絡いたします

トップページへ +++++ index page